そうだ、僕らはくらしの プラットフォームを作りたかったんだ。

西荻窪のお花屋さん「枝屋 」記憶に残る、暮らしを彩る一輪を探して

西荻窪のお花屋さん「枝屋 」記憶に残る、暮らしを彩る一輪を探して

お花屋さんで偶然見かけた一輪の花を、自宅のテーブルに飾ろうと思い立つことはあるでしょうか。

西荻でお店を構えて約10年経つお花屋さん「枝屋」の長谷川さんは、お花は記録ではなく記憶のなかで生きるものだといいます。すぐ散ってしまうからもったいなくて買えないと思うのか、その時間を存分に楽しむか、ちょっと考え方を変えるだけで、お花との向き合い方が変わるかも。

「枝屋」の長谷川さん
「枝屋」の長谷川さん

お花屋さんへ入るのはハードルが高い?

お店に入ると、華やかというより緑が多くて落ち着いている印象を受けます。「枝屋」では、季節のお花も扱っていますが、長い枝ものをたくさん置いています。扱いづらいため、他のお花屋さんではあまり置いていないものも多くて、珍しがって来てくださるお客さんもいらっしゃるそうです。

「枝屋」

「10年近くお店をやっているため、顔見知りのお客さんが多いです。年齢層も幅広いんですが、若い方だとお花屋さんで一本だけお花を買うということに抵抗があるようで『一本だけでもいいですか』とおっしゃる方もいますね。」

都会に住んでいると、日常生活で自然に触れる機会は決して多くはありません。今は田舎でも、空き地や土いじりのできる場所は減ってしまいました。だから、お花がブーケや贈り物としてでないと買ってはいけない、特別なものになっていったのでは、と長谷川さんはいいます。

フジザクラ

writer:
灯台もと暮らし
灯台もと暮らし
これからの暮らしを考えるウェブメディアです。人、モノ、仕事、地域、食などを軸に、暮らしを見つめなおすための情報を発信しています。

website facebook twitter